Metal Cut

Meet all production process by Multitasking

ครบจบทุกกระบวนการผลิตอย่างมีประสิทธิภาพด้วยการทำงานแบบ Multitasking
Share with

この記事では、MEGA Tech が現代の工業生産プロセスにおけるマルチタスクマシンの重要性と応用についてご説明致します。 マルチタスクマシンで複数のタスクを効率に進行させることによって、あらゆる生産プロセスに効率的に対応することに重点が置かれています。

  従来まで物づくりの生産プロセスでは、工程を順番に並べる方法で構成されていました。 しかし、技術の進化及び市場の需要が変化する中で、現状の製造業が激しく変化することに対応していくためには、事業者は、製造業の作業を効率化させ、顧客のニーズに応えるために多様な加工に対応する必要性が高まっています。

Meet all production process by Multitasking

製造プロセスにおけるマルチタスクのコンセプト

  製造プロセスにおけるマルチタスク導入のコンセプトには、要員リソースと設備を使用して複数の仕事を同時に実行し、時間の分割や作業の整理スキル等の独自の技術・手法を使用して、生産プロセスへの無駄を最小限に抑え、割り当てられた時間内で望ましい結果を達成することが含まれます。 この概念は、ムダを省くための最強生産体制またはリーン生産方式の原則に関連し、重点を置いています。生産プロセスの効率と運用能力を向上させ、コストの削減と利益の増加など、徹底的にムダの排除に重点を置くスマートな生産方式です。生産プロセスに関連する
マルチタスクは、次の種類に分類できます。

 並行実行 Concurrent」 とは、製品の生産中に次の工程の原材料を準備するなど、生産工程にかかる時間を効果的に短縮する目的として、同時に起こる順番で同時並行で複数のタスクをマネジメントするプロセスです。

 並列実行  Parallel とは、前の手順が完了するまで待たずに、関連する作業が同時に開始され、実行されることです。これにより、生産時間が短縮され、効率が向上します。

 切り替え実行 Switching」 とは、異なるアクティビティ間の作業の切り替えを迅速に行うことです。 未使用時間を削減することによって、機械や各種の資源を最大の効率で利用することです。

重複実行 Overlapping」 とは、生産プロセスの各ステップの作業は、未使用時間を削減し、生産速度を向上させる目的として、前のステップがまだ終了していない間に開始するような作業をスケジュールされており、 重なった状態で実行できるものを言います。

Meet all production process by Multitasking

製造プロセスにおけるマルチタスクの活用化を実現するためには

  生産プロセスにおけるマルチタスクの導入は、生産効率を向上させてコスト削減を実現するために、多能工が重要なプロセスであります。マルチタスクを導入するにあたっては、秩序的かつ体系的に業務を計画し、実行することが必要になり、 ムダを極力減らし、生産効率を最大化する目的であるため、生産プロセスでマルチタスクを実現する手順は次のとおりです。

   分析と計画 :同時に実行できるタスクを指定するには、生産プロセスを分析し、機械、工具、労働力など、生産の各段階でどのようなリソースかを検討しなければなりません。

   作業順番の設定:マシンとリソースを可能な限り効率的に使用するために、マルチタスク作業間の切り替えを実現し、生産の各段階で行う作業の順序と位置を決定します。

   労働者の訓練:トレーニングを作成し、従業員がマルチタスクの手法と、変化する作業方法を理解できるためのトレーニングを実施し、準備体制を整えます。

   技術の使用 : 自動制御システム (PLC) および生産を管理するためのソフトウェアの使用などの先端技術と自動化ソリューションを活用することで、マルチタスクをより効率的に実行するのに役立ちます。

   評価と改善:操作の効率と成功を確認し、作業効率を高めるために必要に応じて行う改善アプローチも含むマルチタスクの結果を評価していきます。

   意識の向上:組織に所属する各レベルのメンバー全員が、業務上のマルチタスクに対する意識を高めさせ、各自の役割を理解し、効率に協力し合うことが重要な役割を果たします。

生産プロセスを変える革新

  今回の記事では、生産効率を向上させ、運用能力の向上を実現するために、生産プロセスで多能工化を改善したい事業者のニーズに応え、さまざまなワーク加工に対応するDMG MORIの高品質フライス盤DMU 50 3rd Generation」と「CMX 600 Vi」をご紹介します。

 DMU 50 3rd Generation大型ベアリングを搭載した回転テーブルと高剛性を大きく向上させてきました。同時5軸加工を実現するコンパクトな第3世代多目的5軸制御マシニングセンタ。また、テーブル傾斜角度を110°拡張、最高回転速度20,000 rpmの主軸で、試作品の教育業務から複雑な加工作業まで、あらゆる用途に適しています。加工中にも工具マガジンへの工具の装填が可能です。 ワークの接近性に優れ、設置スペースも少なくて済みます。

      CMX Vi シリーズの CMX 600 Vi はさまざまな業種の幅広いワークに対応する「日本で設計、インドで生産」された高性能立形マシニングセンタです。 DMG MORI SLIMグループの基準に基づいて設計されており、洗練された構造で軽量かつ高剛性です。大きいテーブルサイズでありながら省スペースを実現しています。特に、FEM解析機能を搭載し、さまざまな動作条件及び作業環境の変化を解析することができ、Y軸移動量はクラス最大の560mm(22.0インチ)を実現します。同クラスの機械では不可能な大型ワークの加工にも可能となります。

Meet all production process by Multitasking

  この記事では、生産プロセスにおけるマルチタスクは次のとおりであると結論付けることができます。 効果的な計画と管理により、効率と柔軟性を向上させ、マルチタスクを可能な限り有用かつ効率的に使用するには、生産プロセスにマルチタスクを実装することが困難な場合があります。しかし、 生産プロセスを柔軟にし、市場の変化に適応できるようにすることは、今日の急速に変化する時代において不可欠です。

Article by: MEGA Tech & Sumipol Corporation Ltd.