Industry 4.0

THE APPLICATION POWERS OF DRONE

Share with

Article by: Asst. Prof. Suwan Juntiwasarakij, Ph.D., Senior Editor

人間のパイロットが乗っていない航空機であるドローンは1900年代初頭から運用されている。当初は軍事関係者による標的練習にのみ使用されていたがその後には戦闘地の背後にいる敵部隊の動きを監視するためのリアルタイム監視機能が装備された。ドローンには、飛行、浮遊、および無人航空機(UAV)を含むその他のデバイスが含まれ、搭載されたコンピューターを使用して設定されたルートに沿って独立飛行したり、地上のパイロットからリモートで送信されたコマンドに従う事ができる。ドローン革命は映画製作から農業に至るまで多くの産業にその道を押し進めてきた。

Potential use cases
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, Pw
Components of drone
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, Pw

様々なアプリケーションのお陰で多くのドローンには24時間監視とその対象物のターゲティングを支援するために内蔵のGPSナビゲーションシステム、TVカメラ、イメージインテンシファイア、レーダー、赤外線イメージング機器、レーザー等の様々なセンサーが搭載されている。例えば軍事用ドローンにはレーザー誘導ミサイルも装備されている。ガーディアンの分析によると各国は今後10年間で最も兵器化されたドローンの購入を行うとの予想である。米国は2028年までに1,000機を購入すると予測されており中国の68機とロシアの48機をはるかに上回っている。

Industry use cases (continue)
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, PwC

インドでは最近商業目的でのドローンの使用に関する規制が発表された。この規制ではドローンの重量や飛行高さに基づいてライセンス要件が定義されている。また空港やデリケートな施設の近くでのドローンの飛行には制限が設けられている。人員、財産、データのプライバシーと保護は非常に重要である。同規則によればドローンの重量に基づいてルールが定義されている

Weight classification
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, PwC

ドローンの軽量フレームには様々な最先端技術が詰め込まれている。但しそれらはその利用目的に応じてサイズ、重量、搭載物重量、容量、飛行時間、およびに機能の点で大幅に異なる。ドローンの重量と取り付けられたバッテリーは飛行時間を決定する重要な要因である。

Drone parameters
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, PwC
Industry use cases
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, PwC
Industry use cases (continue)
Source: Preparing for takeoff: How the government sector can leverage drones, PwC

押えて置きたい事項

ドローンを利用する企業はその運用に伴うリスクを無視してはならない。サイバーセキュリティは依然として重要な懸念事項である。ドローンがハッキングされたり紛失したりすると機密データや専有データが危険にさらされる可能性がある。ドローンはまた個人のプライバシーと個人の安全に関する懸念を生み出してしまった。ドローンの使用を拡大しようとしている人は、そのようなリスクを軽減し、ポリシーと手順が現在の規制に準拠している事を確認するための計画が必要である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *